HOME | 水垢 掃除

水垢 掃除

大掃除7つのポイント メニュー

水垢 掃除
 
 お掃除というと「大変」というイメージがあるかもしれません。特に1年の汚れがたまった「大掃除」ともなると尚更です。そこで掃除を、特に大掃除を楽にするためのポイントをハウスクリーニングの経験を生かして、まとめてみました。汚れ具合によって、掃除の仕方も変わるので、この掃除方法が「絶対に一番いい」とは言えませんが、一般の方が知らない掃除のやり方や汚れ落としのコツなどを書いていますので、是非、大掃除をする前にチェックしてみて下さい。
 
 このページは、水回りの厄介な汚れ水垢を落とす為のポイントを書いています。浴室や洗面所、蛇口や鏡など水のつく所にこびりつく水垢、その原因を把握して適切に掃除しましょう。大掃除の大変さもきっと変わってくるはずです。
 

※ここではハウスクリーングの現場で使われているお役立ち掃除情報を記載していますが、掃除の方法は汚れや素材によってそれぞれ変わってきます。場合によってはシミになったり、素材を痛める事もありえます。目立たないところで試してから使用する事をお勧めします。また、自己責任の上でご活用下さい。本サイト「簡単 大掃除」の掃除におきまして生じたトラブル、損害などに関しましては、一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

ポイント4、水垢掃除に適した道具や洗剤を知ろう

水回りの気になる汚れ、水垢。
白い鱗状の水垢は、固まってこびりついてしまうと、スポンジでこすってもなかなか落ちてくれません。
 
水垢

この水垢の原因は水道水の中に含まれる、カルシウムやマグネシムなど(+皮脂などの汚れが付着している事も)。この汚れ(水垢)は、お風呂用の中性洗剤やカビキラーの様なアルカリ性の洗剤では落ちないので、違った掃除の仕方が必要です。

1、ステンレスや金属製の蛇口などの水垢

ちょっとした水垢なら、重曹(粉)をスポンジにつけて、ゴシゴシ水垢をこすのが簡単でオススメです。重曹の研磨作用で水垢を落とします。お風呂掃除の時など、浴槽の掃除と共に蛇口も一緒に重曹で磨くと、蛇口など綺麗に保てます。
 
重曹で落ちなくなった水垢の場合、金属の蛇口やステンレス製のシンクなどの部分で傷の付きにくい所は、スチールウールで磨くのがオススメです。並程度の水垢なら素早く落として、奇麗にピカピカに仕上げる事ができます。洗剤なしで大丈夫ですが、先日100円ショップでピンク色の磨き粉の付いたスチールウールを見つけ掃除に使ってみたら、更に簡単に水垢を落とす事が出来ました。もし並程度ではなく、カリッカリに水垢が付いている場合、金たわしを使用してカリカリを落とした後、スチールウールを使って仕上げをするのがオススメです。(力加減に注意し、目立たない所で試してから行う事をオススメします。)
水垢落としのスチールウール


ただし、この方法は傷に注意です。ステンレス製のシンクや金属製の蛇口等は大概大丈夫なのですが、腐食が進んでいるとメッキがはげる事もあります。また、金属かなと思ったら、プラスチックにメッキしていただけの物などもあります。その場合、この方法は使えません。
 

2、鏡や塗装されてる面、プラスチックなどの水垢

次に、鏡や塗装されている面、プラスチックなど、傷がつきやすく「スチールウール」や「金たわし」の使えない所にできた水垢の掃除方法ですが、こちらはクエン酸を使います。クエン酸を水に溶かしてクエン酸スプレーを作り、水垢に吹きかけてしばらく放置します。そうするとクエン酸水の酸性成分が水垢を溶かすので、その後スポンジで軽くこすると奇麗に水垢を取る事ができます。ただ、クエン酸水が、水垢を溶かすまである程度の時間が必要です。水垢の堅さにもよりますが、1時間ぐらいは必要だと思います。その間、ラップ等で包み、乾かない様にすると水垢を溶かすのに効果的です。

強力な水垢の場合、クエン酸水を少し強めに作ります。また、目の細かい耐水ペーパーでこすって、緩んだ水垢をこすり落とす時もあります。特に鏡に付いた年季の入った水垢はなかなか落ちてくれない時があり、その時はこの方法を使っています。(ちなみにハウスクリーニングでは電動式の機械を使う時もあります)
 

クエン酸水作り方


クエン酸:水 = 小さじ一杯:200ml
  (注:なかなかすぐには溶けてくれません。)
 
溶けたら、スプレーボトルに入れてクエン酸スプレーとして掃除に使用しましょう。

クエン酸を使う時の注意点として
・大理石、セメントなどは酸性の成分で溶かしてしまうので、使用できません。
・鉄や銅なども溶かしたり錆の原因になる事があるので適していません。
・アルカリ系とくに塩素系などの洗剤と絶対に混ざらない様に注意して下さい。有毒ガスが発生します。
・酸性なので、ゴム手袋を使用して皮膚に付いた時はすぐに洗い流して下さい。


 ※「簡単 大掃除」ではハウスクリーングの現場で使われているお役立ち掃除情報を記載していますが、掃除の方法は汚れや素材によってそれぞれ変わってきます。場合によってはシミや素材を痛める事もございます。まずは、目立たないところで試してから使用する事をお勧めしています。また、自己責任の上でご活用下さい。本サイト「簡単 大掃除」の掃除、大掃除にておきました生じたトラブル、損害などに関しましては、一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
 
「簡単!大掃除』に掲載している
画像、写真、文章の無断転載、無断転用を一切禁じます。
特に、まとめサイト、キュレーションサイトでの無断転載を禁じます。
Copyright  kantan-ousouji. All Rights Reserved.