HOME | 排水口 臭い対策【簡単大掃除7つのポイント】

排水口 臭い対策【簡単大掃除7つのポイント】

大掃除7つのポイント メニュー

排水口 掃除
 
 お掃除というと「大変」というイメージがあるかもしれません。特に1年の汚れがたまった「大掃除」ともなると尚更です。そこで掃除を、 特に大掃除を楽にするためのポイントをハウスクリーニングの経験を生かして、まとめてみました。汚れ具合によって、掃除の仕方も変わるので、この掃除方法が「絶対に一番いい」とは言えませんが、一般の方が知らない掃除のやり方や汚れ落としのコツなどを書いていますので、是非、大掃除をする前にチェックしてみて下さい。
 
 このページは、排水口(排水溝)を掃除する際のポイントを書いています。お風呂や洗面所が臭う、なんて事はありませんか?。それはもしかしたら排水口(排水溝)のせいかも知れません。特にお風呂の排水口についている排水トラップ(臭い止めトラップ)を綺麗に掃除しておかないと、そこから臭う事が良くあります。排水口の「臭気止めトラップ」は、なかなか掃除しにくいものもありますので、ぜひ大掃除する前にどこに汚れがたまっているかチェックしてみてください。
 

※ここではハウスクリーングの現場で使われているお役立ち掃除情報を記載していますが、掃除の方法は汚れや素材によってそれぞれ変わってきます。場合によってはシミになったり、素材を痛める事もありえます。目立たないところで試してから使用する事をお勧めします。また、自己責任の上でご活用下さい。本サイト「簡単 大掃除」の掃除におきまして生じたトラブル、損害などに関しましては、一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

ポイント7、排水トラップ(臭い止め)のゴミをしっかり取ろう

 お風呂場の排水口には、たいがい排水トラップ(臭い止め)と呼ばれる排水管からの臭いを止めるものがついています。お風呂の水が直接排水管に流れていくわけではなく、受け皿に排水を受けそこから水が流れていきます。排水管から上がってくる臭いは、この排水トラップの受け皿にたまった水でシャットアウトされます。
 なので排水口からくさい臭いがしてくる時は、まず2つの事が考えられます。
 
1、排水トラップの受け皿部分に水が入っていない。
 これはたまにあるのですが、綺麗好きの方で排水トラップの構造を理解してない方が、大掃除で排水口を掃除した時に、この受け皿部分を綺麗に拭きあげて水を入れずに設置してしまう場合です。この場合、受け皿に水が入ってないので、排水管からの悪臭が浴室の中まで上がってきてしまします。必ず、大掃除の最後には受け皿部分に水が入っているか確認して下さい。
 違う場合で、長期家を空けていた場合なども、この受け皿部分の水が蒸発してしまい、臭いが上がってくる事があります。ハウスクリーニングの掃除などをしていると、そのようなケースもたまにあります。
 
2、排水トラップのゴミが取りきれていない
 たいがいの排水トラップは取り外しができるのですが、中にはなかには構造上取り外せないものもあります。そのような場合、受け皿部分の隙間にゴミ(髪の毛の塊など)がごっそりたまっている事があります。表から見えないので、この髪の毛の塊などを取るのは結構大変です。しかし、これを取らないと臭いがなくならないので、大掃除の時にしっかり取り除きましょう。
 


 

大掃除:排水口の排水トラップの掃除

 

1、排水トラップを取り外す

取り外せるものは取り外して洗います。 

 
排水トラップ説明

排水トラップの掃除方法が書いてある浴槽も


取り外したあとは、サッシブラシなどを使ってお風呂の洗剤などで洗います。
汚れがひどい場合は、大まかなゴミを取ったあとに、カビキラーなどにつけこんで漂白するのも良い方法です(※換気や他の洗剤と混ざらない様に注意!)
 
 

2、重曹&クエン酸水シュワシュワ洗浄

こちらは別にやらなくても良いのですが、家の大掃除の時はいつも仕上げにやっています。重曹を少量ふりかけその上からクエン酸水を流します(重曹がつまらないようくれぐれも少量。また他の洗剤とは混ざらないようにくれぐれも注意を!)。重曹とクエン酸が反応してシュワシュワと泡を出しながら排水口、排水管を洗浄してくれます。最後に、お湯をジャーっと流します。
 
 

その他、ゴミが取りきれていない場合


小さな排水口の場合、排水トラップの各パーツが構造上取れない時があります。その時は薄く曲がるへらの様なもので、排水トラップの受け皿の外側をなぞってみて下さい、そうするとごっそり髪の毛のゴミが出てくる時があります。
臭いの原因になりますので、大掃除の時は必ず行いましょう。


 ※「簡単 大掃除」ではハウスクリーングの現場で使われているお役立ち掃除情報を記載していますが、掃除の方法は汚れや素材によってそれぞれ変わってきます。場合によってはシミや素材を痛める事もございます。まずは、目立たないところで試してから使用する事をお勧めしています。また、自己責任の上でご活用下さい。本サイト「簡単 大掃除」の掃除、大掃除にておきました生じたトラブル、損害などに関しましては、一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
 
「簡単!大掃除』に掲載している
画像、写真、文章の無断転載、無断転用を一切禁じます。
特に、まとめサイト、キュレーションサイトでの無断転載を禁じます。
Copyright  kantan-ousouji. All Rights Reserved.